可愛いランドセルコレクション2023 » ここがポイント! ランドセルの選び方

ランドセルを選ぶときのポイントとは?

公開日:|最終更新日時:

ランドセル選びのチェックポイント

大切なお子様が6年間にわたって使い続けるランドセル。一生の思い出にもなるアイテムなので、お子様はもちろん、親御さんにとっても後悔のない商品を選びたいものです。

ここでは、ランドセルの選び方の基準を7つのポイントに分けて解説します。これら基本となるポイントを押さえたうえで、それぞれオリジナリティを追求していきましょう。

素材

ランドセルの表面素材を大きく分けると、人工皮革と天然皮革があります。人工皮革とは、天然皮革に似せて作られた人工的な素材の一種。天然皮革に比べて軽いので、低学年のお子様でも無理なく扱うことができます。デザインの汎用性も広く、かつ、天然皮革よりも価格が安めである点も特徴です。

一方で天然皮革とは、牛や馬などの天然の皮革のこと。色の深みや趣き、耐久性の高さなどが、人工皮革よりも上とされています。

人工と天然、それぞれの素材の特徴をよく理解し、かつ何を重視するかを明確にした上で具体的な商品選びをしていきましょう。

ランドセルの素材の選び方について詳しく見る

サイズ

「せっかくランドセルを買ったのに教材が大きくて入らない!」ということのないよう、ランドセルのサイズ(内寸)をよくチェックしておきましょう。

ランドセルのサイズには、大きく分けて「A4教材サイズ対応」「A4クリアファイルサイズ対応」「A4フラットファイルサイズ対応」の3種類があります。これらのうち最もきなサイズが「A4フラットファイルサイズ対応」。学校でも同サイズの教材を使うことが多いため、近年では「A4フラットファイルサイズ対応」のランドセルが主流です。

ランドセルのサイズの選び方について詳しく見る

価格

ランドセルの価格帯は1万円程度から20万円程度までと、実に様々です。お子様にとって大切なランドセルではありますが、各ご家庭での予算も考慮しつつ、家計に無理のない範囲内で商品選びをするようにしましょう。

ただし、あまり安すぎるランドセルを選んでしまうと、わずかな衝撃や雨などで傷んでしまう恐れがあるので要注意。保証がなく修理が有償になる場合もあるので、その点も含めて広い視野で商品選びをしましょう。

ランドセルの値段相場について詳しく見る

色・デザイン

色・デザインについては、何より本人が気に入っているかどうかを重視することが基本です。本人が「青がいい!」と強く訴えているにも関わらず、親が「男の子は黒だ!」と決めつけるような態度では、お子様は小学校に通うモチベーションを下げてしまうかもしれません。最終的にどのような色・デザインになるのであれ、一旦はお子様の意見を尊重することが大切です。

ただし、そうは言ってもまだ幼い子供なので、大人の視点を加味することも大切。6年間ずっと恥ずかしくなく使えるかどうか、友達の中で浮いてしまわないかどうか等を考慮しつつ、お子様との妥結を目指しましょう。

ランドセルの色の選び方について詳しく見る

保証期間

6年間にわたってランドセルを使い続けていると、何らかの理由でランドセルが破損してしまう可能性もあります。決して安い商品ではない以上、破損の可能性があるという前提のもと、「6年間保証付き」のランドセルを選ぶようにしたいものです。

ただし「6年間保証付き」とは言っても、メーカーによって保証内容が異なることがあるので要確認です。基本的には「6年間無償修理」が保証されているランドセルを選ぶことが理想です。

ランドセルの品質保証について詳しく見る

耐久性

6年間にわたって毎日のように使い続けるランドセルである以上、耐久性の高さはとても重要なポイントになります。特にお子様が男の子の場合には、女の子に比べるとランドセルを乱暴に扱う傾向があるので、耐久性をしっかりと確認のうえ商品を絞り込んでいきたいものです。

具体的には、型崩れ防止のための強化芯材が使用されているかどうか、また、水濡れに強い加工が施されているかどうか等を確認しましょう。

安全面

安全な通学が考慮された設計・仕様になっているかも、ランドセル選びの際には確認しておきましょう。反射材がついているかどうか(つけやすいかどうか)、また、防犯ブザーが使いやすい実用的な設計になっているかどうかなどをチェックします。

背負いやすさ

しばしば小学生の教材の重さが問題になることがありますが、その問題の良し悪しは別として、小学生が「重い教材を背負って毎日通学する」ということは間違いない事実です。教材自体が重い以上、少しでも体への負担を軽くするためには、お子様にとって背負いやすいランドセルを選ぶより方法がありません。

ランドセルを選ぶときには、背あて、肩ベルト、背カンなどの素材や形状をよく確認し、お子様の体に合っているかどうかを確認しましょう。背あてや肩ベルトにクッションが入っているランドセルも、体への負担軽減という視点ではおすすめです。

まとめ

いざランドセル選びを始めてみると、お子様の意見、ご主人の意見、奥様の意見、お爺様お婆様の意見などが違ってしまい、なかなか1つの商品に絞り込めないことがあります。色々なメーカーのパンフレットを前に、時には感情的にぶつかることもあるかもしれません。

でも、そのような議論の時間も全て含めて、ランドセル選びは家族全員の大切な思い出です。いつの日か、きっと楽しかった思い出として語る日が来ることでしょう。

お子様にとってもご家族にとっても愛着の持てる一品に巡り合えるよう、当サイトは応援しています。

可愛いランドセル 最新版コレクション
可愛いランドセル選びをあきらめない、女の子ママ必見♡最新版(2021年度)可愛いランドセルコレクションを発表します。