可愛いランドセルコレクション2022 » ランドセルの人気カラーコレクション » 赤色のランドセル

赤色のランドセル

公開日: |最終更新日時:

ランドセルの定番色 赤色

バラエティに富んだ個性的なカラーのランドセルがたくさん登場している中、女の子の間で浮動の人気を維持し続けているのが赤色のランドセル。ここでは、赤色のランドセルの特徴や人気の理由、おすすめの赤色のランドセルなどについてご紹介しています。

赤色のランドセルの特徴

様々あるランドセルのカラーの中で、赤色のランドセルにはどのような特徴があるのでしょう。主な特徴を3点ほど見てみます。

色んなオシャレに合わせやすい

パープルや水色、シルバーなどの個性的なカラーのランドセルに比べ、原色でもある赤色のランドセルは、色んなオシャレに合わせやすいという特徴があります。

成長するにつれて、お子様のファッションの好みが変化していくこともあると思いますが、どんな好みに変化しても、赤色のランドセルなら合わせやすいでしょう。

汚れが目立ちにくい

素材や強度などにもよりますが、ランドセルに使われている赤色は濃い色調なので、汚れが目立ちにくい傾向があります。6年にわたって同じランドセルを使い続けることを考えると、汚れの目立ちにくさは大事なポイントになるでしょう。

家族全員の同意を得やすい

赤色のランドセルは女の子の定番というイメージが浸透しているので、親や祖父母を含めた家族全員の同意を得やすいようです。家族みんなが安心して小学校へ送り出せる気持ちを共有できます。

赤色のランドセルが人気な理由

定番色であるにも関わらず、なぜ赤色のランドセルは人気が続いているのでしょう?その主な理由を3つ挙げてみます。

多くの女の子にとって憧れの色だから

「赤」という色は、多くの女の子にとって憧れの色です。定番色であろうとなかろうと、単純に赤が可愛らしいことが人気の理由です。

友達の中で浮いてしまうことのない色だから

様々な色のランドセルが登場しているとは言え、現実として、女の子のランドセルは赤色が大半です。赤を選べば、友達の中で浮いてしまうということはありません。ランドセルの色をきっかけに仲間外れにされる、という不安はないでしょう。

6年生まで飽きが来ない色だから

赤色は定番色だからこそ、いつまでたっても飽きが来ません。たとえ6年間の成長過程で好みや感性が変化したとしても、赤色に対する感覚は変わらないでしょう。

赤色のランドセル紹介

様々なメーカーが取り扱っている定番の赤色ランドセル。ここでは、信頼できるメーカーが販売している人気の赤色ランドセルを9種類ほどご紹介します。

プリンセスプリンセス・リトルリュミ・Little Lumi

ランドセル画像
引用元HP:コクホー(https://kokuho-randoseru.com/littlelumi/)

メーカー:コクホー

  • 参考価格:84,700円(税込)
  • 重量:1,400g前後
  • 素材:タフガード・エアリー
  • 保証:6年間

ランドセルの随所にセッティングしているゴールドのパーツが特徴的。かぶせ部分のエンブレム、ラウンドポケットのチャック、引き手など、様々なポイントにゴールドを採用しています。赤とゴールドはとても相性の良いマッチングカラー。単なる赤ではなく、高級感のある赤を演出します。A4フラットファイル対応など機能性も十分。

羽倉 オーダーランドセル

ランドセル画像
引用元HP:羽倉(https://www.hakura-randsel.jp/product/od/)

メーカー:羽倉

  • 参考価格:62,700円(税込)
  • 重量:1,320g前後
  • 素材:耐性牛革、コードレ(人工皮革)、耐加水分解性ポリウレタン、エアリーソフト
  • 保証:6年間

「メインカラー」「サイドカラー」「背あてカラー」「肩ベルト裏のカラー」「オプション」の5つの項目を自由に組み合わせることで、自分だけのオリジナルランドセルをセミオーダーする仕組み。組み合わせの種類は実に62,000通りもあります。メインカラーを赤にしつつ、その他のポイントの組み合わせで個性を表現することも可能。

とよおか

ランドセル画像
引用元HP:羽倉(https://www.hakura-randsel.jp/product/to/)

メーカー:羽倉

  • 参考価格:96,800円(税込)
  • 重量:1,340g前後
  • 素材:耐性牛革、コードレ(人工皮革)、耐加水分解性ポリウレタン、エアリーソフト
  • 保証:6年間

羽倉ならではのクラフトマンシップを全面で表現した「とよおか」シリーズ。コウノトリのひなと明るい花々を、繊細ながらも大胆なカットワーク&ステッチで表現しています。ベースカラーは、赤を含めて全3色。持ち手には全23色のカラーが用意されています。ネームプレートへの名前の刻印などオプションも充実。

セイバン モデルロイヤル ベーシック

ランドセル画像
引用元HP:セイバン(https://www.seiban.co.jp/girl/royal/basic/)

メーカー:セイバン

  • 参考価格:63,800円(税込)
  • 重量:1,290g
  • 素材:アンジュエールグロス、ブレスレザー®
  • 保証:6年間

お姫様のような可憐なデザインと品の良い上質な雰囲気が特徴の「モデルロイヤル ベーシック」シリーズ。デザインのアクセントとしてネックレスをイメージした刺繍を施すなど、控えめな全体感の中に「ロイヤル」を感じさせるセンスを添えます。肩や背中、腰への負荷を分散させるとして、アンケート対象となった小児科医の98%が推奨。

Samantha Thavasa(サマンサタバサ) ドリームサマンサキッズ オリジナル ランドセル

ランドセル画像
引用元HP:サマンサタバサ(https://samanthathavasa.jp/shop/commodity/SSTJ0224D/SA1720AW41832/)

メーカー:サマンサタバサ

  • 参考価格:101,200円(税込)
  • 重量:1,270g
  • 素材:クラリーノ
  • 保証:6年間

若い女性たちから人気のブランド「サマンサタバサ」がリリースしているランドセル。サマンサ好きのママは必見ですね。ゴールドのリボンと、サイドにはフラワー南京錠。メインカラーの違いにより、内側の柄も3種類用意しています。ランドセルの随所には、女の子が大好きなハート型やお花型、リボン型などの金具をたくさんセッティング。使うたびにウキウキしてくる設計です。

鞄工房山本 ラフィーネ

ランドセル画像
引用元HP:鞄工房山本(https://www.kabankobo.com/fs/rando/raffine)

メーカー:鞄工房山本

  • 参考価格:69,900円(税込)
  • 重量:1,390g
  • 素材:牛革、人工皮革
  • 保証:6年間

ティアラをモチーフにしたステッチと輝くスワロフスキー。優雅さ、華やかさ、気品を兼ね備えたラフィーネらしいランドセルです。両サイドにはお花をイメージしたデザインを配するなど、どの角度から見ても可愛らしい表情が特徴。女の子の心を刺激するデザインですね。撥水牛革仕様なので耐久性は十分。A4フラットファイルも入ります。

フィットちゃん プティガール®DX

ランドセル画像
引用元HP:フィットちゃん(https://shop.fit-chan.com/shop/g/gFIT-229AZR-224/)

メーカー:フィットちゃん

  • 参考価格:66,000円(税込)
  • 重量:1,270g
  • 素材:クラリーノ®エフ
  • 保証:6年間

全体的にはシンプルなデザインながらも、サイドに小花をモチーフにした刺繍を流れるように施すなど、可愛らしくてガーリーなポイントデザインが魅力。かぶせステッチを本体カラーと同色にすることで、ナチュラルな女の子らしさを演出しています。内装は一面ピンクに白の水玉。ランドセルを開けるたび、教材とともに可愛らしさが飛び出してくるようです。1,270gと比較的軽量。

土屋鞄 No.4 ベーシックカラー

ランドセル画像
引用元HP:土屋鞄(https://tsuchiya-randoseru.jp/products/bo01ren)

メーカー:土屋鞄

  • 参考価格:74,000円(税込)
  • 重量:1,390g
  • 素材:牛革、人口皮革
  • 保証:6年間

クラフトマンシップによる高い品質で知られる土屋鞄が、定番&スタンダードなランドセルをリリース。まるで昭和時代を思わせるような究極のシンプルデザインと、安心して6年間使い続けられるクオリティの高さが特徴のランドセルです。素材には、土屋鞄の他のアイテムでも多用されている高品質牛革を採用。水に強い加工を施しているため、雨の日でも特別な防水ケアは不要です。

横山鞄 g3vpイタリア製牛革ハートクローバ

ランドセル画像
引用元HP:横山鞄(https://www.yokoyamakaban.com/g3vp/)

メーカー:横山鞄

  • 参考価格:67,000円(税込)
  • 重量:1,480g
  • 素材:牛革、バイオアルファ、合成皮革、フィルウェル
  • 保証:6年間

イタリア製の丈夫な牛革を採用した、傷に強くて耐久性の高いランドセル。かぶせを開くと、中は可愛らしいピンクの格子デザイン。内側ポケット正面には大胆なハートマークがあしらわれています。クッション性に優れた背中部分の厚みが、ランドセルの重さを均等に分散。マチ幅は13cmと広めなので、学年が上がって教材が増えても対応できます。

まとめ

赤が定番色であることは間違いない事実ですが、定番色には大きな特徴が一つあります。それが「本人の成長に合わせて表情を変えてくれる」ということです。

個性の強い色の場合、本人が成長して顔や体型が変わっていっても、色の個性はそのまま。本人の成長に合わせて表情を変えてくれないので、高学年になると、幼稚な色に見えてしまうこともあります。

それに対し、赤などの定番色は、本人の成長に合わせて表情を変えてくれます。6年間、ずっと違和感なく使い続けられることでしょう。本人の意志も大切にしつつ、しっかりと親子でランドセルの色について話し合ってみてくださいね。

可愛いランドセル 最新版コレクション
可愛いランドセル選びをあきらめない、女の子ママ必見♡最新版(2021年度)可愛いランドセルコレクションを発表します。